VOICE1

紅葉の街は、毎日の行き帰りに特別感を。『つながり』を育む住まい

家族構成 ご夫婦
居住年数 入居2ヶ月目(取材時点)
施工会社 セキスイハイム信越(株)

若くしても家は持てる。友人のオープンハウスをきっかけに、夢が動き出す

-もともと、通勤に最適な立地という点で見附か県央での土地探しを検討されていたご夫妻。偶然通りかかったウエルネスタウンみつけを見て、広々とした環境での家づくりを意識し始めたといいます。そんなとき訪れた友人宅のオープンハウスをきっかけに、「若くしても家は持てる」と、夢の実現に向けて動き出しました。

「賃貸の家賃を払っても家が自分のものになるわけではないし今後、子どもが生まれたときには、のびのびとした環境で子育てができるお家が必要だと感じていました。それに、家を建てた友人の話を聞くと、若くしても家は持てると、家づくりの計画が具体的に動き出すきっかけになりました。偶然通りかかったウエルネスタウンみつけは最初、公園なのかと思いましたが、お家が建っているのを見て、ここが住宅地なんだと知りました。そしたら、区画がすごく広々としていて緑が多く、こんなゆったりとした土地で家を建てたいと思ったんです。タウン内は車通りも少なく、子育てするにも安全だと思いました。」

後悔はしたくない。妥協のない家づくりには最適なタイミングだった

-ウエルネスタウンみつけの広い区画や豊かな緑、公園が整備された環境を気に入ったというご夫婦ですが、妥協のない家づくりに至った経緯とは?

「最初は絶対にこの土地で建てるかは、わかりませんでした。金額もなかなかだったので(笑)。でも、ずっと住む家なら後悔しないように、自分たちが本当に住みたいと思ったところに決めたいと思ったんです。ちょうど税制優遇などの制度も活用できるタイミングだったので、建てるなら今だ、と思いました。」

-見附の印象はどうですか?

「自分がいざ住むとなったら、周辺のことを調べることから始めましたが、見附は要介護認定を受ける人が少ないという記事を見て、健康な人が多い町なんだろうなって。近くに医院が集まるメディカルパークがあることや、すぐ国道8号に出れば、色んなお店があるのも魅力的でしたね。
学区は少人数の小学校ですが、そうした小中学校に通っていた主人が「少人数教育の良さがある」と言っていたので、目が行き届く教育の良さがあるんだと思いました。」

光を採り入れた明るい室内、家族のつながりを感じる設計

-お家の中で気に入っているところを教えていただけますか。

「まず日当たりが良いこと。区画の向きだけでなく家の設計面でも、必要なだけ陽が入るよう、絶妙に窓を設けてあります。天井近くにFIX窓を設けたところで、電気を付けなくても十分明るいですし、洗濯物もよく乾きます。冬場は日射を採り入れることで省エネにもつながると思います。
間取りの面では、LDKの中に階段を組み込んだので、帰宅した際、必ず家族が顔を合わせる設計になっています。これなら子どもが顔を合わせず自分の部屋に行ってしまうことも無いし、「ただいま」「おかえり」と、声を掛け合うことができます。2階にいても1階の声や気配を感じることができて、つながりを感じられる家になったと思います。
全体の間取りがすごくしっかり来ていて、坪数はそんなに大きくなくとも、ムダが無いというか、坪数以上に広く感じますね。」

-ご家族・ご友人からの評判はいかがでしたか?

「遊びに来た友人には、「私もここに住みたい!」と言われて嬉しかったですね(笑)。今はコロナ渦で難しいのですが、落ち着いたら人を読んでホームパーティもしてみたいし、そんな時はタウン内に来客者用の広い駐車場があるので助かりますね。」

毎日の行き帰りも心地よく。住んでいるだけで素敵な気持ちに

-家づくりで大変だったことや、苦労した点はありますか?

「やっぱり手続き関係ですね。契約の手続きなどは初めてのことだったし、専門用語も多くて。それと、とにかく書類が多くなるので、その整理もなかなか大変でしたね。それでもハウスメーカーの担当の方や市役所の方が手続きに必要なことを教えてくれたので、助かりました。」

-最後に お住まいになって約2ヶ月ということですが、現在の住み心地はいかがですか?

「手続きなど、大変な部分もありましたが、それを乗り越えて実際に住んでみると、本当に充実した暮らしが待っていたと思いました。仕事から帰ってきたとき、「ああ、自分の家に帰ってきたな」という、満足感があります。秋の時期、メインストリートの街路樹を見て、「紅葉キレイ!」って思いながら出勤するときなど、やっぱりここに住んで良かったと思いますね。なかなか普通の住宅街だったら、ただ車を走らせているだけでそんな素敵な気持ちにならないと思うんですよね。実際に住んでいるだけで特別感や満足感のある家づくりができたと思います。」

調光LED灯は、必要な分だけ明るさを取り出せる

電球色の暖かみのある光が、キッチン周りを包み込む

取材を終えて

休日はキャンプに出掛け、自然を楽しむというお二人。キャンプ道具を収めた収納は、「ご主人の夢が詰まっている」と、お話を伺う中で自然と笑みがこぼれ、自分たちらしい家づくりを実現した、満足感や喜びが伝わってくるようでした。これからここで暮らしていくことでたくさんの思い出ができ、さらに愛着が増していくことと思います。毎日の暮らしを素敵な気持ちで過ごす-そんな夢を実現された家づくりだと感じました。

資料請求 / 見学ご予約

Contact

見学会のご予約・資料請求・または何かご質問などがございましたら、お電話もしくは下記のお問い合わせフォームからお願いします。

ご予約・お問い合わせはこちら